盗聴器発見をするのはプロの方にまかせるのが早い、コンセントに注意

私の知人で以前、自宅に盗聴器を仕掛けられた人がいるのですが、どうやらその仕掛けた人物は、知人の元恋人だったそうです。知人は現在は30代の女性ですが、当時は20代で一人暮らしをしていました。そのときに彼女と付き合っていた男が、彼女のことを異常に束縛していたので、彼女の行動が気になっていたのでした。

そのこともあり、付き合い始めて間もなく男は彼女の自宅部屋に盗聴器を仕掛けていたのですが、最初は彼女も気づかなかったらしいのですが、途中から何だか様子がおかしいと思い最初は自分でネットを調べたりしてみたのです。しかしそれらしいものは発見できなかったとか。そればかりか探してる途中で盗聴器のような物を見つけたとしてもそれが本物なのか、どうかの見分けもつかないだろうと思ったそうです。

結局彼女はプロの方々に盗聴器が仕掛けられていないかお金を払って探してもらったのです。

テレビ番組などでも盗聴器のことがよく話題になっていたので、彼女ももしかしたらと思ったらしく、探偵社に確かめてもらったそうです。すると、コンセント部分に盗聴器が仕込まれていたのを発見したのでした。それはすごく怖いことですし、ずっと監視されていると思うと恐怖感がとてつもないですよね。女性だとなおさらです。

彼女は盗聴器を発見してもらい、何とかそれを外してもらいました。それが発覚すると、男のことがあやしいとなり、探偵と一緒に行き突き止めると男が認めたので、男に二度とこのようなことをしないと約束して念書を書かせたのです。ちょっと強面の探偵の方に横に居てくれて助かったと言ってましたね。探偵の方はとても優しいし頭も切れる方でとても信頼できました。

プロの人によると盗聴器が発見される場所はコンセントだけでなく、プレゼントされたぬいぐるみ等も気にするべきと言っていたので貰ったぬいぐるみも調べてみましたがこの時は特に問題ありませんでした。

世の中にはおそらく盗聴されて困っている人たちも少なくないはずです。盗聴されるとすごく怖いですし、安心して生活できません。
コンセント周りとぬいぐるみは盗聴器を発見されるポピュラーな場所らしいので触って確認してみると良いでしょう。

もし、何かおかしいなと思うのであれば、プロの方に盗聴器発見の調査をお願いするのも良いかもしれません。盗聴器は決して他人事ではないですね。

誰にでも忍び寄る危険、身近になりつつあるプライベートの危機

技術の進歩は私たちの生活をより便利にしてくれました。専門的な機械だったものが専門家以外の人にも手に入り、使い方も簡単になりました。それは良いこともありますが、心構えのできていない人にも手にすることができるようになったということ意識することが大切です。

その最たるものは個人のプライバシーではないでしょうか。盗聴器や隠しカメラなどネットで簡単に高性能なものが手に入るという事実をどのようにとらえているでしょうか。ネットで服や本を買うのと同じ感覚で手に入るソレは渡したての生活にいつ忍び寄っていてもおかしくありません。その容易さは一度インターネットで検索していただくとよくわかると思います。まさかそんなものを買う一般人がそんなにいるわけないと思う方もおられると思います。ですが、商売として売れないものは作らないし、売らないはずです。そして誰にでも手に入る形で作られ、売られているということはそれだけの需要があるということでしょう。

特にラブホテルに仕掛けられるケースが多いのは言うまでもありません。そのような「声」を楽しむ性癖の持ち主が犯人だったりもします。それから一般家庭においてもそうです。

誰でも他人のことがすごく気になって仕方がないという経験をしたことがあると思います。その気持ちが行き過ぎればや盗聴や、盗撮という行為を行うための便利な道具として、盗聴器や隠しカメラなど間違った人の手にわたることになります。もちろん正しい使い方をする人もいるでしょう。ですが誰しもが道具を正しい使い方をするとは限らないと思い生活することが私たちのプライバシーを守ることにつながり、よりよい生活への第一歩になるでしょう。

自宅で身内による盗聴器が怪しいならこの場所を特定しよう

依頼する、しない、どっちが正解?費用は何円くらい?どれくらいの日数がかかるの?盗聴器の発見の依頼を申し込んでも、音声がつかめない場合は立ち直れないかも。人それぞれに躊躇うのも当たり前のことでもあるのです。

将来の養育費、そして慰謝料を要求する話し合いの中で、自分が有利になる音声の入手だけではなく、どんな人と盗聴しているのか?といった場合の調査や相手に対する盗聴器の発見までお引き受けします。

新しいあなた自身の幸せに包まれた人生のためにも、妻が盗聴していることを疑ったら、すぐに「照明器具に付いている盗聴器をすべて取り外す」ことで面倒な盗聴問題をうまく解決する方法になるのです。

現在実際に配偶者の行動が疑わしいなんて思っているなら、とにかく客観的な盗聴の音声を集めて、「盗聴が本当かどうか!?」ハッキリとした答えを出すことです。悩み続けていても、悩みを取り除くことなんてまずできません。

出来る限り迅速に請求額の取り立てを完了させ、請求したクライアントのやるせない気持ちを一段落させることが、パートナーに盗聴された側の弁護士が必ずこなすべき役目です。

ドロドロした盗聴問題によるストレスの増幅、気が気じゃない、周りがみんな敵に見える等の修復をすることが最重要です。

なんといっても探偵は、どこであってもいいなんてことはないんですよ。大変な盗聴器の発見が納得の結果になるかならないかは、「ちゃんとした探偵に頼んで盗聴器を発見してもらうこと」そんなふうにはっきりと言っても間違いじゃないと思います。

もし「盗聴しているかも?」と疑い始めても、仕事を持っていてそれ以外の時間だけで自分だけで妻の盗聴を確認するのは、かなり障害が多いので、離婚までにかなり長い時間を費やしてしまうんです。

何だかんだ言ってもコンセント一体型の盗聴器や、プレゼントに盗聴器が入っているといった「場所」を特定した場合、犯人サイドを告発、警察に突き出すという交渉によって固まっていくものですから、費用と得られるものとのバランスによって、法律のプロである弁護士への相談を検討するというのもいい選択です。

一般家庭での盗聴器の発見の場合、調査の費用を低く抑えることが可能なんですが、総合的な調査が技能不足で低品質なので、とても見抜かれてしまうといった失敗の可能性があるのです。
不安でも夫を調査するのに、あなたの知っている友達だとか家族たちに助けてもらうのはダメなのです。ご自分で夫に対して、盗聴について事実なのか誤解なのかを確認するべきなのです。

早く、失敗することなく相手に察知されずに確実な盗聴の音声を手に入れたい。そんなときは、探偵など調査のプロの力を借りるべきだと思います。十分な技能も経験もありますし、調査や音声集めの高性能な機器類も準備OKです。
個別の事情によってかなり差がありますから、全部同じには扱えないのですが、盗聴をしたのが原因で離婚してしまったということであれば、支払いを求める慰謝料の額は、最低100万円からで高くても300万円程度が多くの場合の金額だと考えてください。

スマホアプリで盗聴されてしまうことを防ぐ為の対策法

以前の盗聴器はラブホなどでコンセントなどに電波を飛ばす受信機を差し込んで周囲の音を集音して電波で飛ばし、その電波の届く範囲で受信して盗聴するスタイルでした。

例えば、公安が共産党本部の向かいにあるマンションに部屋を借りて、盗聴を行なっていたことがありました。

選挙事務所が、対立する候補を盗聴していたという話しを聞いたこともあります。

しかし、最近ではもっと身近に、もっと手軽に盗聴される危険性が現れています。

それはスマホアプリによる盗聴です。

盗聴で使われる危険性の高いアプリには、声や音に自動反応して録音するアプリや遠隔で操作するアプリなどがあります。

LINEのやりとりも、パソコンを使ったバックアップ機能を悪用すればクローンスマホを作ることができ、そのクローンスマホを使って、LINEの内容を第三者がリアルタイムで視ることもできました。

ベッキーの問題が発覚してからクローンスマホはできないようになりましたが、知らないうちに身近な人に盗聴されているということが起こりうる時代となっています。

対策方法は、身近な人の推薦でも使い道の怪しい、納得できないアプリのダウンロードは行なわない。

新しくアプリをダウンロードするときは、そのアプリが使用許可を促している項目を確認し、個人情報が必要でないはずなのに、位置情報などの情報を取得するアプリはダウンロードしない。

スマホの設定で起動中のアプリ一覧を見ることができたら、ダウンロードアプリで常時起動しているアプリがあり、常時起動している必要性がないアプリなら削除する。

などの処置を行なうといいと思います。今や場所を問わず盗聴器が発見されるのですから。

悪質な盗聴器。出来心で仕掛けてしまわないように注意!

市販のボイスレコーダーが盗聴器の一つとして利用されてしまうことがあります。例えば、ペン型のボイスレコーダーが販売されています。ビジネスシーンで、大切な会話を録音するときにさりげなく録音することができます。特に、注文を受ける時など、録音しておけば納品時のミスを防ぐことができます。事前に取引相手に録音をしたいことを伝えると、トラブルはさらになくなります。ペン型というところに興味を持たれて、会話も弾むかもしれません。

しかし、一見ボイスレコーダーだと分からない外見だからこそ、悪用することもできてしまいます。例えば、誰かの家に行ったとき、わざと忘れてきたりして、録音という形で盗聴することができてしまいます。つまり盗聴器代わりに使うこともできてしまうわけです。そして、後日忘れ物を取りに来たという口実で回収しに行きます。ただ、出来心でそんなことをすると間違いなく後悔すると覚えておきましょう。もし、その相手に気付かれた時には、その人との人間関係は間違いなく崩壊します。信頼はまったくなくなり、その相手と交友のある人からの信頼もなくなります。また、警察に通報されれば、言い訳ができません。犯罪を犯したわけですから、自分の人生も崩壊します。それが原因で、仕事を失ったり、家庭を失ったりします。

盗聴は犯罪です。自分では面白半分のつもりだったとしても、相手はひどく傷つきます。盗聴の代償はとんでもなく大きいものです。決してしてはいけません。